どうする?アイキャッチ画像

どうも。Jaguar 9です。 

今回は、ブログ初心者のぼくがこれから記事を書いて音楽を公開していくにあたって、何が必要かを考えてみました。

人は視覚が9割

人が情報を認識するときに大部分を占めるものはなんでしょうか。

音?それともにおい?

いいえ、それは視覚です。

「人は第一印象で9割が決まる」と言われるように、ぼくたちが情報を認識するにあたって非常に重要なのが視覚情報です。

何はともあれ目を引く画像が必要

普段ぼくたちが何気なくブログで記事を目にするときは意識していないと思いますが、記事のタイトルと共に必ずあるのがタイトルに適した画像です。(アイキャッチ画像といいます。)

というわけで、記事を書いていくにあたっては質の良いアイキャッチ画像が必要である、という結論に至りました。

著作権の壁

「じゃあ画像が必要だから、Googleで検索してそれを使おう!」果たしてこれで解決でしょうか。

いえ、それで解決するならわざわざ記事にはしないでしょう。

ネットに溢れている魅力的な画像を使いたいと考えたとき、出てくる問題が著作権です。

画像検索をかけてその画像をそのまま使ってしまうと、のちに著作権が問題になってしまうかもしれません。

著作権の壁を超えるには

お金をかけずにこの問題を解決する基本的な方法は、CC(クリエイティブ・コモンズ)フリーの素材を探すことです。(CCについてはこちらを参照→CC(クリエイティブ・コモンズ)

こういった問題を解決してくれて、高品質な素材を提供してくれるサイトで有名なのがCREATIVE COMMONS PHOTO SEARCH in Flickrです。

しかし、いざ画像を使おうと思ってもまた新たな壁に当たります。基本的に画像を使用する際にクレジット表記が必要になる場合があります。(クレジット表記の必要の有無はそれぞれの素材のライセンスによって異なります。)

クレジット表記の例

photo by Jaguar 9

Pixabay

お待たせしました。ついに大本命です。クレジット表記もなく、手軽に画像を使うにはどうすればいいのでしょうか。

それはPixabayを使って画像を探すことです。

Pixabayにはこんなキャッチコピーが書かれています。

Pixabayにアップされている全ての画像と動画は、Creative Commons CC0にて無償配布されています。これらファイルのダウンロード、改変、配布、および使用に関しては、商用利用に際してもロイヤリティーフリーであり。 著作権の帰属先の表示は不要です。

via Pixabay

最後の文にあるように、クレジット表記もなく高品質な素材を使用させていただくことができるのです。便利な時代に感謝ですね。PCから見た際に表示される本サイトの背景画像(ジャガーの車体の画像)や本記事のアイキャッチ画像もここからいただきました。ありがとうございます。

というわけで、Pixabayを使って手軽に記事に関連した画像を探す方法でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加